会長挨拶

第84回日本皮膚科学会東部支部学術大会
会長 川村 龍吉(山梨大学医学部皮膚科学講座 教授)

この度、第84回日本皮膚科学会東部支部学術大会を2020年8月22, 23日の両日、甲府市で主催させていただくことになりました。甲府での開催は2009年に島田眞路 山梨大学 学長が第73回大会を開催されて以来、11年ぶりの開催となります。この様な機会を与えていただいたことは大変光栄に存じております。

さて、近年の分子標的薬による新しい皮膚疾患治療法の登場とともに、様々な皮膚疾患の分子病態も凄まじい勢いで解明されつつあり、皮膚科学は今まさに新時代を迎えています。本学術大会がTokyo 2020オリンピックとパラリンピックの間に開催されることから、テーマは「Toubu 2020 〜新時代の皮膚科学〜」といたしました。アトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚疾患や皮膚がん、自己免疫性皮膚疾患、皮膚感染症それぞれの最新の分子病態・分子標的治療をエキスパートの先生方にup dateしていただく予定です。また、明日からの日常診療にすぐに役立つような「あっと驚く日常診療のコツ」というシンポジウムも用意いたしました。

現在新型コロナウイルスのパンデミックが危惧されていますが、我が国では同ウイルスに有効な抗ウイルス薬の開発が国立国際医療研究センターを中心に精力的に行われています。特別講演では同センター研究所長の満屋裕明先生にHIVなど様々なウイルスに対する薬剤開発の最先端についてお話しいただきます。

オリンピックロスの時期となりますが、学会の合間に昇仙峡や富士五湖周辺などに少し足をのばして山梨の豊かな自然をお楽しみいただき、リフレッシュしていただければ幸いです。

多くの皆様のご参加を教室員一同、心よりお待ち申し上げます。