座長・発表者へのご案内

座長の皆様へ

  • Live 配信セッションのみ、座長にご依頼をしています。ご担当セッションの開始30分前までに、会期前にご送付させていただくZoom のURL にログインし、打ち合わせをさせていただけますようお願いいたします。
  • 進行は時間厳守でお願いいたします。お時間については、事務局よりZoomチャット等で残り時間をお知らせさせていただきます。

口演発表の皆様へ

1)発表形式について

下記の通り、Live配信形式、あるいは、事前に発表データを登録いただく形式のいずれかとなります。 Live配信セッションの演者は、ご担当セッションの開始30分前までに、会期前にご送付させていただくZoomのURLにログインし、打ち合わせをさせていただけますようお願いいたします。

指定演題
会長講演、特別講演、緊急企画、シンポジウム3
……当日、Zoomを用いてLive講演形式にて配信をいたします。
教育講演、シンポジウム1、シンポジウム2
……事前に発表データを登録いただき、セッション終了後、質疑応答のみLiveで行います。
日本皮膚科学会 専門医指導医講習会
……事前に発表データを登録いただき、定刻通り配信いたします。質疑応答の時間はございません。
共催セミナー
……共催社ごとに対応が異なります。日程表に記載がございますので、確認ください。

例年開催されておりました、東部支部企画CPC、東部支部企画「研修医、学生からみた皮膚科」は中止となりました。

一般演題

事前に発表データを登録いただく形式となります。お預かりしたデータは会期中オンデマンドにて配信いたします。質疑応答の時間はございません。

2)口演時間

一般演題:一般口演発表 発表9分
     症例報告演題(演題番号右肩に*)発表5分
     質疑応答の時間はございません。
指定演題:個別にお知らせした通りです。

3)発表データ作成方法

◆Live配信での発表者
  • ご自身のPC本体でご発表いただくことになります。
  • 使用されるPCの機種、OSおよびアプリケーションソフトの種類は問いません。動画、音声も使用できます。
  • 動画を使用される場合、ご自身のWeb環境やPCのスペックにより動画がスムーズに動かないということがないよう、十分ご配慮ください。
◆データ事前登録での発表者

本HPの「発表データ登録(口演・デジタルポスター)」ページをご確認いただき、ご登録をお願いいたします。(発表データ登録期間:2020年7月15日(水)〜7月31日(金))

ポスター発表者の皆様へ

  • デジタルポスターでの発表となります。
  • 本HP の「発表データ登録(口演・デジタルポスター)」ページをご確認いただき、ご登録をお願いいたします。(デジタルポスター登録期間:2020年7月15日(水)〜8月5日(水))
◆ポスター発表・討論について

ポスター討論のお時間は設定されておりません。
参加者からの質問は、事前にご登録をいただきました演者のメールアドレスへ直接届きます。可能な範囲でご回答をお願いいたします。

学術集会での発表における利益相反(COI)開示について

◆利益相反(COI)ガイドラインについて

社団法人日本皮膚科学会は、本学会会員などの利益相反(Conflict of Interest、COIと略す)状態を公正にマネージメントするために、「医学研究の利益相反に関する指針の細則」を次のとおり定めます。

詳細は、下記のボタンをクリックいただき、公益社団法人日本皮膚科学会ホームページ上に掲載の「日本皮膚科学会COIガイドラインについて」をご確認ください。

日本皮膚科学会COIガイドラインについて

◆発表時における利益相反の開示

会員、非会員の別を問わず、筆頭発表者は該当するCOI状態について、発表スライドの最初(または演題・発表者などを紹介するスライドの次)に様式1-A、1-Bにより、ポスター発表の場合は最後の1行に開示していただきますようお願いいたします。なお、ポスター発表でCOI状態がある場合には、所定の様式1-Cにより開示していただきますようお願いいたします。

症例報告も含めすべての発表が自己申告の対象となります。ただし対象となるのは「発表内容に関連のある企業や団体」との関係のみです。関連があるかないかは発表者の判断にゆだねますが、ぜひ積極的な開示をお願いいたします。申告すべきCOIがない場合は「なし」と申告してください。

皆様のご理解とご協力をなにとぞよろしくお願い申し上げます。

学会発表・講演におけるプライバシー保護指針および研究指針に対する対応

平成29年度第3回理事会(平成29年9月1日開催)にて、「日本皮膚科学会 学会発表・講演におけるプライバシー保護指針」(以下、プライバシー保護指針)および、「日本皮膚科学会 研究指針に対する対応」(以下、研究指針に対する対応)について審議・承認されました。

詳細については、下記のボタンをクリックいただき、公益社団法人日本皮膚科学会HP上に掲載の「プライバシー保護指針」をご確認ください。

プライバシー保護指針および研究指針

◆患者さんの個人情報保護についての指針

WEB開催により、症例発表で使用する患者さんの情報について、情報流出には特段のご配慮が必要となります。そのため、日本皮膚科学会のプライバシー保護指針を、厳格に遵守いただく必要があります。情報流出の際に、患者さんを同定できる可能性が高まる希少疾患(全国に数人しかいない症例など)や比較的特異な記述・臨床写真(居住地や所属団体が推測できるなど)を含む症例報告は、WEB開催では推奨をいたしません。また、患者さんから発表についての同意を改めていただくことについてもご考慮ください。